先輩薬剤師の声

先輩薬剤師の声

「なぜマイタウン薬局を選んだの?」
「マイタウン薬局って働いてみて実際どんなところ?」
「何にやりがいを感じて働いているの?」
地域の皆さんの健康を見守るために、マイタウン薬局の薬剤師が感じている正直な声を聞いてみました。

interview : T.H.

地域を見守る薬局・薬剤師としてできることが沢山詰まった会社(薬剤師 林千佳之)

林 千佳之|広島国際大学卒

調剤薬局やドラッグストアで勤める薬剤師として忘れてはならないのが、目の前にいる患者様のことを思って能力を発揮することだと思います。ただ私は、会社規模が大きくなると、それができないと感じました。仕事は、会社利益を考えた活動をしなければならないのは当然ですが、そればかりを考えていると、いつの間にか本来あるべき薬剤師の仕事を忘れている自分がいることに気づいてしまいます。私は、その気持ちになることが嫌で規模が大きくなく、地域の皆様の顔がしっかりと見える職場探しをしました。

マイタウン薬局は、店舗のある近隣の医療機関はもちろん、近くの商店街などと一緒に街全体の健康の維持向上に向けた活動をしようと心がけている会社だったので、私の薬剤師、社会人としての考えが一致しました。まずは、患者様の声をしっかり聴くこと、向き合うことが誠実にできることがこれから求められる薬局の姿であると思います。調剤薬局にできることは、処方せんをお預かりし、薬をお渡しすることや、在宅医療の取組みをすることだけでなく、できる事は無数にあると感じています。やれると思う事を自ら取組み、会社に伝え、従業員が一丸となって新しいことに向かえる環境が当社にはあると感じています。向上心、積極性を持っていれば、楽しく仕事ができるのがマイタウン薬局です。

会社規模がまだまだ小さいだけに、仕組みができていない点もたくさんあります。大手薬局チェーンと比較されると頼りなさを感じる学生も多いと思いますが、できていないことを一緒に作り上げる喜びがあります。愛知県内で、患者様や医療機関から慕われ、頼りにされる薬局づくりを一緒にしていける皆様をお待ちしています。

楽しい気持ちよい従業員ばかりですよ!!

近隣の医療機関と協力し合い、地域の住民の健康維持を見守っている

↑PAGE TOP

優しく、厳しく接してくれる頼りになる先輩、上司がいるから安心(薬剤師 西脇和也)

西脇 和也|名城大学卒

愛知県が地元で、地域貢献ができる仕事をしたいと思って薬剤師になり、その地元で地域のサポートができていることに喜びをいつも感じています。多くの薬局がある中でも、マイタウン薬局は地域に必要不可欠で、また地域外からも多くの患者様がお越しになる医療機関の処方せんを受付けています。医療機関の門前薬局ではありますが、様々な患者様がお越しになるため、薬の勉強、服薬指導のスキルアップもできます。また世間話、雑談もすることが多く患者様とより良い関係づくりができる薬局です。

過去には患者様からお叱りを受けることや、クレームが入ることもありました。このような時は、私一人で解決することもありますが、いざというときには先輩方がしっかりとフォローをしてくださり、様々なアドバイスもいただいてきました。薬剤師の先輩だけでなく、本部で働く上司もいつも適切なアドバイスをしてくれます。頼れるだけでなく、尊敬できる方々に囲まれて仕事をしている安心感のある会社だと思っています。

これからの「かかりつけ薬剤師」の制度にも対応していくことが急務ですが、国の制度があるからではなく、患者様や地域の皆様がマイタウン薬局にお越しいただけるように、地域でできることを私個人だけではなく、従業員全員で考えて実践できることをしていくことが大切だと感じています。これから様々な取組みをしていきたいと思っていますが、これから社会に出てくる皆さんと共に楽しく活気のある会社をつくっていきたいと思っています。

受け身ではなく、積極的に仕事に取り組んで、会社をより大きく成長させ、自分の成長を楽しんでいきましょう。店舗見学にぜひお越しいただき、いろいろ語りましょう!!

様々なお客様に対応するため、常にスキルアップを心がけている

↑PAGE TOP

↑PAGE TOP